くらき(?)ねっと


その11 市民バンドに入ってみて

 吹奏楽として楽器を吹くのは中学卒業以来5年ぶり。やっぱり1人で吹いてるよりいいなぁ。中学生の時は入学式・マーチング・コンクール・定演・文化祭・アンサンブルと1年にたくさんの行事があって、それに追い立てられるように練習してた気がしました。市民バンドだと(定演前以外は)追い立てられるというよりも、演奏を楽しんでる印象を受けました。

その12 リードに凝る?

 クラ吹きさんとかはご存じでしょうが、クラリネットはリードという竹のようなものを削ったもの(ほんまは葦だったかと)をつけて吹きます。Saxもその仲間。それが振動して音が鳴るというわけで。「クラのリードと言えばVandoren」というほど。実際、楽器屋さんでも一番たくさん置いてるし。私も最近まで当たり前のようにVandorenを買い、他のリードには目もくれず。で、大学生の時に通ってた楽器屋さんに「今なら在庫処分で安いのよ」と勧められて、試しに1枚買ってみたRico Grand Concert。リードは3や3 1/2というように1/2刻みの厚さで売られているのに、そのリードは3 1/4。物珍しさで使ってみたら、とっても吹きやすい!それからはRicoを主に使ってます。へたりやすさはぴかいちですが(^^;; でも今は3 1/4なんてのは売ってません。それに和歌山では取り扱うお店がないので、以前はお取り寄せをしてもらったり、大阪に出かけると必ず買ってきます。手許には3箱の在庫が。あぁ、3 1/4が復活してほしい・・・

その13 マウスピースも変えてみよう

 今使ってるマウスピースは3代目さんです。1つめは中学生の時に使っていた備品に合わせて選んだ(選んでもらった)もので、Vandorenの5RVLyreでした。2代目は楽器を買った時についていたもの。実は1回も吹いてません(ーー ; 探せばきっとある…かも。5RVLyreは自分にはあっていたようで、気に入っていたのですが、楽器をメンテナンスに出した時に『マウスピース、欠けてんで』とばれてしまったのです。それで買ったのが今使っている5RVの2tones。試し吹きをしてる時に『これだけは買いたないわぁ』と一緒に選んでた人と言ってたもので、赤(というより茶色)と黒のマーブル模様。仮面ライダーアマゾンみたいです。でも楽器にはあってるようです。見た目は浮いてますけど(^^;;

その14 バレルも変えてみる?

 また、とっかえシリーズです。チューニングでピッチを合わす時に、管の繋ぎ目を抜いたりして合わしますが、夏になると『これ以上抜かれへん』ぐらいになる時があります。吹く音によってもピッチは違いますが、あまりにもひどい時があって、中学時代の顧問に相談してみたところ『伸び縮みするバレルがあるらしい』と教えてくれました。が、周りのcla吹きも『そんなん見たことない』と謎なままでした。『なんかじゃばらになってるらしいで』と言う話も出て、ますます謎なものになりました。netで検索したところ、東京の楽器屋で売ってるのを見つけました。
 そして東京まで実物を見に行きました(^^;; 商品名は「CLICKバレル」といって、素材はABS樹脂、じゃばらではなく、ダイヤル操作で重なっている部分が伸縮するものでした。試奏してみたところ、確かにピッチが変わる。『夏場によいかもぉ〜 値段もそんなに高くないし』と買うことを決めました。でも材質のせいか、音が軽くなるんです。リガチャーを変えてみようと、これも試奏させてもらいました。今使っているものはもうないそうで、現モデルのものを出してもらいました。現モデル+CLICKバレルの組合せだと、今の音に近いものになったので、セットで購入になりました。ほんとは別のタイプのリガチャーとマウスピースも試したかったのですが、人気商品で売切&入荷未定ということだったので、泣く泣く諦めました。そう言われるとますます試してみたいな〜

その15 楽器も変えちゃう?

 今使っている楽器(Crampon R13)を買ったのはちょうど10年前。とある先生に『clarinetは10年もてばいい』と言われました。?十年使ってる人だっているし、今の楽器が調子悪い訳でもなく、年1回の調整で済んでるし、『きれいに使ってるやん』というリペアマン様の言葉にへらへらしてました。このままいけるんではないかとも。、ここ1,2年に現れた『楽器、買わへんかぁ』という悪魔の囁き。そらね、欲しいわよ。楽器を変えて技量が上がるもんなら、なおさら欲しい。それに、周りも楽器購入ブーム。ちょっとまじで考えてみようかな・・・